So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

映画超話題作先どり [映画]

 

「 話題映画 超先どり」

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

解説:ドル箱シリーズ「ハリー・ポッター」第5作。今回の監督はイギリスTV界出身のデビッド・イェーツで、本作が長編映画デビュー。また、脚本家も初めて変わり、「コンタクト」のマイケル・ゴールデンバーグが担当する。

全米公開 2007年7月13日 日本公開 2007年夏

出演 ダニエルラドクリフ、ルパート・グリント、エマ・ワトソンほか

内容:ホグワーツの5年生になったハリー。魔法省はヴォルデモート卿復活を公式に認めようとはぜず、ホグワーツにはお目付け役として、闇の魔術に対する防衛術の教授に魔法省から派遣されたドロレス・アンブリッジがやってくるのだが……。

オフィシャルサイト(英語)

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド

解説:ジェリー・ブラッカイマー製作の大ヒット作の第3作。前2作と同じスタッフ&主要キャスト、「2」と同時撮影で映画化。「3」は「1」のバルボッサ、「2」のデイビー・ジョーンズに加え、チョウ・ユンファ演じる海賊サオ・フェンが新たに登場。

全米公開 2007年5月25日 日本公開 2007年5月26日

出演 ジョニー・デップ、オーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイ、ビル・ナイ、チョウ・ユンファ

内容:前作の直後から続く第3作。ジャック・スパロウはどうやって助かるのか? また彼とデイビー・ジョーンズ船長の対決は? そこにバルボッサ船長はどう絡む? ウィルの父親は救出できるのか? そしてウィルとエリザベスの今後は? と解決すべき問題が山積み。

オフィシャルサイト
オフィシャルサイト(英語)

 

スパイダーマン3

解説:ヒットした前2作と同じ監督&主要キャストで製作する第3作。はたして前2作以上のヒットとなるか、米ソニーの期待も絶大。

全米公開 2007年5月4日 日本公開 2007年5月5日

出演:トビー・マグワイア、キルステン・ダンスト、ジェームズ・フランコほか

内容:監督サム・ライミと主演のトビー・マグワイアが同じなら、登場する怪人さえ変えればいくらでも続けられそうな人気シリーズ。ピーターとMJの関係はとりあえず「2」で一段落、「3」ではピーターを父の仇と信じる親友ハリーとの物語が展開か?

オフィシャルサイト
オフィシャルサイト(英語)

 

 

デーィパーテッド

解説:巨匠マーティン・スコセッシ監督とレオナルド・ディカプリオが三度コンビを組む、香港映画の傑作「インファナル・アフェア」のリメイク。製作にブラッド・ピット、ジェニファー・アニストンの元夫妻、撮影は「ギャング・オブ・ニューヨーク」のミヒャエル・バルハウス、脚色は「キングダム・オブ・ヘブン」のウィリアム・モナハンが担当。

全米公開 2006年10月6日 日本公開 2007年1月

出演:レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグ

内容:舞台を香港の裏社会からアイリッシュ・マフィアが暗躍するアメリカ・ボストンのアンダーグラウンドに置き換え、警察に潜入したギャングとギャングに潜入した刑事という2人の潜入工作員(レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン)の苦悩のドラマを描く。

オフィシャルサイト
オフィシャルサイト(英語)

 

インディ・ジョーンズ4

解説:89年のシリーズ第3作「インディ・ジョーンズ/最後の聖戦」から17年振りの公開となる予定の続編。製作総指揮ジョージ・ルーカス、フランク・マーシャル、監督スピルバーグ、音楽ジョン・ウィリアムズはシリーズ全作と同じ。脚本はフランク・ダラボンからジェフ・ネイサンソンに変更。

全米公開 2008年?  日本公開 2008年?

出演:ハリソン・フォードほか

内容:ハリソン・フォード主演、舞台は50年代から40年代後半へ変更。フランク・ダラボンの脚本では今までのキャラが総出演との噂があったが、脚本変更でどうなったか?

オフィシャルサイト(英語)


    

第19回東京国際映画祭 [映画]

第19回東京国際映画祭

 

日本最大の映画祭が10月21日から29日まで


音譜東京国際映画祭音譜  


国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭で、


世界12大国際映画祭のひとつに数える。


期間中、300本以上の映画が上映される


アジア最大級の規模で、


2年前から日本映画の海外進出を主目的


にフイルムマーケットを併設。


ことしの第19回は東京の六本木と渋谷をメーン会場


に開催され、協賛企業も多数。


第20回となる2007年は、世界に日本の映画、


アニメゲームなどのコンテンツを売り込む


「国際コンテツカーニバル」の中核と位置づけ、


映画祭を拡充、発展させる予定。



10月21日~29日まで開催される




プレゼントプレゼントプレゼント 19回(2006) 主な内容 プレゼントプレゼントプレゼント



ベルコンペティション


内外400本以上の応募作品からセレクトされた15本を上映。

6人の国際審査委員会で、各賞を選ぶ。

最高賞の「東京サクラグランプリ」受賞者には

10万ドルが贈られる。




ベル特別招待作品


国内外の未公開作品22本を上映、

ハリウッド俳優を含むゲストも多数来日、

舞台あいさつなどをする。

オープニング作品は、クリントイーストウッド監督の

「父親たちの星条旗」

 


ベルアジアの風

アジアの国・地域で製作された注目作品36本を上映


ベル日本映画・ある視点


日本映画の新作の中から個性あふれた多数性のある

作品13本を選定して上映。

作品賞と個人賞を選んで表彰する。



ベルTOHOシネマズ六本木ヒルズ(六本木会場)

「武士の一分」を上映~19:30~21:51(本編121分)

舞台挨拶(上映前に15分程を予定)


 

「犬神家の一族」


チケット

購入方法は前売券購入方法当日券購入方法 をご覧くだい。

料金はチケットについての「料金一覧」をご覧下さい。



ベル上記の上映・イベントについては、リンク先をご参照ください。




第19回東京国際映画祭

 

第19回東京国際映画祭


映画「ゲド戦記」を見て [映画]

映画「ゲド戦記」を見ました

 付き合いで見に行きましたが

正直、これほどとは思わなかったのです


初号試写開始後1時間で席を立ったといわれる宮崎駿。


実質「宮崎吾朗監督作品」ではなかったとしても、映画として悪くない、無難な

出来になるのだろうと思っていました。

甘かったです。その行為を考えれば、この作品がどんなものか予想はつくと思います





聞き取りづらいセリフ、素人目にもひっかかりのある場面転換。


原作は読んでいません、からですか?

何を伝えたいのか、、盛り上がりもなくだらだら

としてました。まず、子供が楽しめる映画ではないと思います

一緒に連れて行った中学生の子達は少しだけ感動したらしい?


この映画に関しては、広告展開が派手だったことも失敗かも知れません。

(広告の派手さに)期待した分だけ裏切られ、

「名匠の二世はやっぱり…」というレッテルだけが心に貼り付けられる。

 

でもそんな中、音楽はとても気に入りました、 

 

 

 

 

 


高原の夏&山 [映画]

清々しい高原の白樺の木です

 

遥かに山々が幾重にも連なって墨絵のように・・・

 


映画「パイレーツ・オブ・・・見て来ました [映画]

 

パイレーツ・オブ・カリビアン/デットマンズ・チェスト」を見て来ました

 

全編、スペクタル有り、笑いありで楽しい映画になっています。

始まる段階でパート3があることから、今回は、少し中途半端かな?と

思うところも有りましたが、満足でした。

ジャックは今回は、ウイルにかっこ良さをゆずって、

相変わらずのコミカルな、面白おかしい、演技がいい!

それぞれのキャラの魅力が出ていて、アクション有り、笑い有り、

最後までドキドキな映画です。

エンドロール終了まで席は立たずに!!!

 

 

 映画場面集

 

 

 

 


映画「ブレイブストーリー [映画]

映画ブレイブストーリー

 

ストリー: どこにでもいる平凡な小学5年のワタルは、父親の家出と母親の自殺未遂を

機に不幸のどん底に突き落とされてしまう。

あましにもつらい自分の運命を変えたい気持ちに駆られたワタルは、

転校生のミツルに教えてもらった“運命を変える”を開け、

ありとあらゆる冒険が待つ幻界へ飛び込むが・・・・・・。

 

宮部みゆきのベストセラー小説をアニメ映画化した冒険ファンタジー

 

不幸のどん底に突き落とされた少年ワタルが、運命を変えるために飛び込んだ

“異世界”での冒険を描く。

 

 

 

 

 

 

 


映画「デスノート 全編」 [映画]

ストーリー:  「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」

と記されたンートを拾った夜神月(藤原竜也)は興味本位で他人の名前を

ンートに書き込んでしまう。

その名前の人間の死を目の当たりにし最少は恐怖を覚えた月だったが、

やがて理想的な世の中を作るべく凶悪犯たちの名前を次々と書き始める。

 

主人公・夜神月を『バトル・ロワイヤル』の藤原竜也が演じる。

緊迫した展開が終初続く、サスペンスフルな世界観が見どころ。

 

2006年6月17日から公開中

 

史上初!公開中の映画デスノートテレビでオンエア

劇場公開中に映画本編を地上はでオンエアするのは史上初。

首都圏では26日から(関西は27日から)7月1日まで、深夜族に特設枠を設けて

冒頭」からの約12分間を流し、本編前後にはダイジェスト版や

劇場予告編も放送する。

人気コミックの実写化である同映画の世界観を深夜族の見せ、

原作ファン以外の注目を集めようという作戦だ。

 

17日に公開された全編は初日2日間で興行収入4億円、

観客動員数30万人を突破し、あのハリウッド大作「ダ・ヴィンチ・コード」を

抜いて興行ランキング初登場1位を記録した。

 

 

 


「ポセイドン」見てきました [映画]

映画ポセイドン」見ました。

少し期待はずれだった、とても期待していったのに?

パニック映画としたは無難にこなしているかな~

1979年の「ポセイドン・アドベンチャー」は大ヒットで史上最大と言われたのに!

時間も98分と少し短く、人間ドラマが無かった?

映画の始まりは、海に浮かぶポセイドン号をぐるりと回って、船全体が映し出される。

その映像は、ジョギングしている人以外はCGで出来ているらしい

全編ふんだんにCGである、少しCG映像が多すぎる様な気がする。

スピード感があって息つく暇もないくらいラストまで緊張の連続でした。

でも、巨大スクリーンで見れば迫力あって結構面白いと思う・・・


映画「チャーりーとチョコレート工場」 [映画]

チャーり・バケット少年の家はそれわそれわ貧乏でしたが、家族仲良く暮らしていました。そんな少年の家の近くには謎に包まれたウィリー・ウインカの経営のチョコレート工場があって、甘い香りを漂わせている。

ある日その工場がついに公開されるというニュースが世界中を駆け巡りますが

中に入れるのは、たった5人の”ゴールデンチケット”の当選者だけ・・・・・

当選者たちが次々と発表され、残りのチケットもあと1枚、ところが幸運が舞い込み最後の

1枚がチャリーの手元に!

当選者たちを出迎えたその伝説の工場主、ウィリー・ウォンカその人でした。

風変わりな身なりをしたウォンカ氏に導かれ始まった工場見学で彼らが目にしたものはー。

後はネタばれになるといけないので・・・

音楽もとても良かった!

この映画は上半期DVDのベスト20の中の第6位にランクされていた。

親子で楽しめる映画です。

 


映画「オーメン」 [映画]

オーメン   今見たい映画です。

1976年公開の『オーメン』をリメイクしたホラームービー

”悪魔の数字”666の印を持った子供に秘められた忌まわしい真実つは・・・・・?

悪魔の化身ダミヤンを注目の子役ショーン・フィッバトリックが、彼を育てる夫婦

クライシス・オブ・アメリカ』のリーヴ・シュイレバーと『モナリザ・スマイル』のジュリア・スタイズが

演じる。オリジナルに負けない衝撃的なショック・シーンの数々と悪魔の子ダミアンを

演じたショーン・フィッバトリックの不気味なほほ笑みが見どころ。

前作も見ました、いつ頃だったかは、記憶にないが、DVDで見たと思います。

今でもまだ色々なシーンは頭の中に浮かびます。